信用情報の傷は厳禁です

「信用情報」という言葉はご存知でしょうか。これは、個人がこれまでに借入・返済してきた記録や、延滞や債務整理などといったトラブルがあったことなどの履歴が記録されているもので、アイフルに限らず様々な金融機関で融資を受ける(クレジットカードを作成する際も同様です)際などにチェックされることになっています。この信用情報に傷がついてしまうと、今後の審査にかなり大きなマイナスとなってしまいますし、傷は最短のものでも6か月は記録されてしまいますから、できる限り延滞などは起こさないことが大切です。

 

延滞だけが問題ではない?アイフルへの申込の際は気を付けましょう。

上記の信用情報は、審査の結果にかなり大きな影響を及ぼします。だからといって、「これまでに延滞をしたことがないから自動的にアイフルの審査は安泰だろう」と考えてはいけません。基本的には、審査は「安定した収入がある」ということが根本であり、重要です。「安定した収入」とは、正社員で安定した月給があるとか、勤続年数が長くてすぐに辞めそうではないとか、返済能力を裏付ける情報をもとに判断されます。申込時点で無職であるとか、記入ミスで在籍確認が取れないというような場合には、審査を通過することはできないでしょう。この「安定した収入」という要件から考えると、自分自身の収入がない専業主婦や、年金生活を送る高齢者などの場合も審査を通過することが難しいでしょう。

 

他には、他社での借入総額が年収の1/3を超える場合や、年収の申請が不正確であった場合なども同様です。こうした審査に大きなマイナスを与える要因が一つでも考えられる場合には。アイフルへの申込は控えておいたほうが無難です。申込の前に一秒診断サービスを利用して、審査に通過できるかどうかを調べることがおすすめです。融資の審査に落ちてしまったことも、信用情報に記録されますので、無謀な申込は避けておいたほうが賢明なのです。

 

1秒診断は活用しておくようにしましょう

アイフルのインターネットサービスである1秒診断では、年齢、年収や他社の借入額などを入力することで、審査に通過できる見込みがあるかどうかをすぐに診断してもらうことができます。1秒診断で良い結果が出たからといって、アイフルの本審査の通過を保証するものではありません。しかし、審査に申込むべきか否かの判断材料となることは確実ですから、あらかじめ1秒診断を利用することをおすすめします。

 

申告は正直・正確に。うっかりミスも厳禁!

アイフルに限った話ではありませんが、申込の際に申告する情報について、正直・正確であることに細心の注意を払ってください。年収や他社の借入額について、審査に有利なように額を改ざんして記入することはもちろん論外なのですが、たまたま間違えて記入してしまったという場合も同じように審査に大きく響いてくることになります。生年月日や名前などでも、油断して記入ミスが起こることがあり得ないとは言い切れません。申込の際に申告する情報は、本人確認の書類や源泉徴収などで、基本的に証拠となる書類を提出することになりますし、アイフルでも調査しますから、虚偽の報告がまかり通ることはまずありえないと言えます。あくまで正直・正確な申告を心がけ、入念なチェックを行い、不注意で審査に落ちてしまったということのないように気を付けてください。

 

審査の対策は、正直・正確であること

アイフルを利用するための審査についての対策としては、やはり正直・正確であることです。偽りの申告などはすべて審査に悪影響なのですから、多少収入額などに不安があっても正直に申告することが一番なのです。そのためにも、1秒診断は大いに活用するようにしましょう。もし他社での借入などがある場合には、可能な限りそれらを返済してから申込むということも有効でしょう。結局は、アイフルに「この人にお金を貸してもきっちり返してくれそうだ」という風に信頼されることが大切なのです。

キャッシング詳細


アイフルのおすすめポイント


キャッシング 実質年率 融資枠 無利息期間
アイフル 4.5%〜18.0% 500万円 なし

アイフル