計画的な借入・返済で信頼を積み重ねましょう

アイフルの融資可能限度額は500万円。金利は融資額が高ければ高いほど低く設定されるのが通常ですし、まとまったお金を借りたい方にはまさに渡りに船と言えるでしょう。しかし、初めてアイフルを利用する方の場合は、500万円を借りられるということはまずありません。はじめのうちはアイフルでの実績がなく、信用がまだできあがっていないため、いきなり大きな額を貸すことはできないと判断され、初回は100万円以上の額を借入することはかなり難しいでしょう。つまり、アイフルでの信頼を作り出していくためにも、借入と早期返済の実績を重ねていくことが大切なのです。返済が長期化すると、少ない額を借入した場合でも、返済額が大きくなってしまいますし、早期返済することはお得にアイフルを利用することにもつながります。

 

返済は口座振替で計画的に

アイフルの返済方法は様々で、オーソドックスな銀行振り込みや店頭での支払いに加えて、コンビニ払いやATM、口座振替などの方法で返済することができます。これらの中でも、特におすすめなのが、毎月自分の銀行口座から引き落としで返済される口座振替です。アイフルの口座振替では、自分の好きな返済日、もしくは35日ごとの返済という風に引き落とし日を決定できますし、給料日などの直後に返済日がくるようにしておけば、うっかり残高不足で引き落としできていなかった、というケースを避けることができます。

 

ATMの利用手数料はなるべく抑える

提携ATMなどを利用して借入や返済などを行う場合には、別途にATMの利用手数料が必要になります。手数料については、1万円未満の金額を扱う場合には108円、それ以上で216円が基本です。もし普段の返済で毎月ATMを使うとすれば、その分返済総額が高くなってしまいます。利息分よりもATMの利用手数料が高いなどという事態も起こりかねません。そのため、普段の返済にはやはり口座振替がおすすめです。ATMを利用するのは、お金に余裕ができたときなどに繰り上げ返済や一括返済を行う場合には、ATMを使ってできるだけ大きな金額をまとめて返すようにしましょう。

 

アイフルの自社ATMはお得に使うことができます

上記のATM利用手数料は、コンビニや銀行などの提携ATMを利用する場合の話です。アイフルの運営している自社ATMを使う場合には、利用手数料は発生しません。自宅や会社の近くに、アイフルの店舗や自社ATMがあるという場合には、利用するのも便利ではありますが、アイフルの自社ATMや店舗の数はあまり多いとは言えませんので、提携ATMほども不自由なく返済できるというものではないでしょう。自社ATMを使いたいという場合には、アイフルに申込む前に、公式サイトなどで店舗の場所などを確認してみてください。

 

返済額は常にはっきりと把握しておきましょう

アイフルでは、利息の計算や返済について「残高スライド元利定額リボルビング方式」という方式をとっています。借入した元本に応じて月々の返済額が段階的に変化していくという方式なのですが、この方式では元本よりも利息に先に返済したお金が充当されるため、たくさん返済してきたつもりでも、あまり元本が減っていないということが起こります。月々の返済額についてはいつも気を配り、元本がどれくらい残っているのかということを把握するようにしましょう。

 

早期返済にはメリットがたくさんあります

借入したお金を素早く返済することは、支払総額を抑えることに加えて、アイフルでの信頼を高めることになります。それだけでも十分に良いことのように思えますが、もう少し耳寄りな情報をお伝えします。それは、「繰り上げ返済は直接元本に充当される」ということです。月々の返済は、利息分に先に返済したお金が充当され、残った分が元本にあてられるわけなのですが、繰り上げ返済を行った場合にはその全額が元本にあてられるということなのです。元本が減れば利息も減りますから、支払総額を抑えることにかなり役立つということですね。このように、アイフルを上手に活用するための決め手は早期返済だということが、よくおわかりいただけたのではないでしょうか。

キャッシング詳細


アイフルのおすすめポイント


キャッシング 実質年率 融資枠 無利息期間
アイフル 4.5%〜18.0% 500万円 なし

アイフル