在籍確認が行われる即日キャッシングの具体的な確認内容

即日融資に関しての在籍確認は必ずある

 

審査時の電話確認

もしあなたが即日キャッシングをしたいと思っていても、職場に在籍確認は必ずあります。それはなぜかというと、あなたが職場に勤めているのかを確認するためです。融資時に必要な申込書に記入する内容は自分で申告した内容になりますが、申し込みがあった場合、業者は申し込んできた人が偽名を使っていたり、住所が違っていたり、職場名が違っていたら融資に関して心配になります。ですから必ず、確認が行われるのです。即日融資時には本人であることを確認するための身分証明書や自宅・携帯への確認電話、さらには勤務先を確認するための電話確認も行われます。

 

業者や担当者によって確認の対応が柔軟になる場合も

しかし、この「職場への電話確認」は必ず行われるとはかぎりません。たとえば過去に他社や自社のローンを使っていて、一度も延滞や遅延事故がないとか、返済をきちんと行ってきたという実績がある優良顧客であれば、それらの確認を取らずに省略といった形を取られることもあります。また、営業時間外であったり土日祝日で確認が取れない場合には、後日確認という形を取られます。その場で確認を取らなくても融資されるケースがあるので、もし即日で融資をしてほしい場合には、キャッシング会社に問い合わせをして、確認方法や内容について相談するということも考えておいてください。

 

職場へ行われる在籍確認の内容

 

本人が勤めているかどうかだけの確認

職場へキャッシング会社からの電話がかかってくるとなると、緊張してしまう人もいると思いますが、不安はありません。職場へかける在籍確認の電話というのは、実はそんなにかしこまったものでもないのです。具体的な内容は次のようになります。

 

「○○と申しますが、○○様はいらっしゃいますでしょうか」というように、キャッシング会社の担当者が個人名で会社に電話をかけるケースが普通です。もし職場にあなたがいたら、次のようなやり取りになります。「はい、○○ですが」「○○キャッシング会社の在籍確認のお電話でした。失礼いたします」という形になり、これで在籍確認は終了します。

 

在籍確認時の社名公開はなし

キャッシング会社もわざわざ会社名を出して申込者に不都合な状況を作ることはしませんし、あくまで個人名で電話をかけることになります。会社的にも個人名であれば個人的な用事かなと思い、わざわざ追求はしません。ただし、最近では個人情報保護の観点から、非通知の電話番号からは在籍していることを隠すこともありますので、キャッシング会社では番号通知をしてかけることもあります。

 

電話確認が失敗するケースとは

しかし、中には電話での在籍確認が失敗してしまうこともあります。ケースとしては前述にも述べたように個人情報保護の観点から、「お答えいたしかねます」とか「おりません」と電話を取った人に言われてしまうケースです。その確認ができないと再度、日をあらためて電話確認が行われることとなりますが、不審に思われないように、「電話確認の際は取引先会社名の○○を名乗っていただきたい」とか「家族名義の名前で電話をしてください」等、キャッシング会社にお願いしておきましょう。そうすることで不審がられることを防げます。

 

最近のキャッシング会社の中には電話による在籍確認をせず、会社名が記入された健康保険証や社員証のコピー、給与明細書などを送付することで在籍確認OKという業者もあります。

キャッシング詳細


アイフルのおすすめポイント


キャッシング 実質年率 融資枠 無利息期間
アイフル 4.5%〜18.0% 500万円 なし

アイフル