まず、返済能力を備えることが大切です

アイフルを利用したいと考える方はかなり多くいらっしゃいますし、専業主婦の方も同様です。しかし、専業主婦の方の場合は、自分自身に収入がありません。そのため、審査に通過できるか不安だという方も多いことだと思います。パートやアルバイトである程度の収入がある方であれば、主婦であってもアイフルを利用することはできますが、現在では完全なる無収入の専業主婦が自分名義で消費者金融を利用することは難しいと言えます。では、どうして専業主婦がアイフルを利用することができないのか、少し考えてみたいと思います。

 

アイフルが専業主婦に融資できない理由とは

まず、専業主婦だから融資ができない、ということではなく、収入がないから融資ができないのだということが大きな理由なのです。現在では、総量規制という法的な制限が課されているため、消費者金融を利用して借入する場合には、年収の1/3を超える額の融資を受けることは不可能です。これは、行き過ぎた借入を防ぎ、返済能力の範囲内での適正な金融を行うための規制なのですが、専業主婦のように収入がゼロの場合は一切借入することができないということになってしまうのです。

 

アイフルを利用するために必要な収入は?

では、アイフルを利用するために、どれくらいの収入があれば審査に通過できるのでしょうか。正確な額が公表されているわけではありませんが、月に5万円〜6万円程度の収入を安定して得ることができ、60万円程度の年収があれば、審査に通過できる可能性があるとされています。ただし、年収が60万円の場合は、総量規制でいえば20万円まで融資を受けることができるのですが、審査の結果10万円程度が上限とされることも多いようですので、注意しましょう。今現在専業主婦で、今後パートなどを考えている方は、この額を目安にしてみてください。

 

アイフルでの審査において注目されること

アイフルだけに限らず、様々な金融機関で融資を申込んだ際の審査で注目されるのは、ズバリ「与信状況」と「信用情報」です。簡単に説明すると、過去から現在において、どのような借入・返済状況となっているのか、ということが調査されるということです。カードローンやクレジットカードの利用状況をはじめとして、携帯電話料金や住宅ローンなど、様々なものについて、延滞がなかったか、金融事故を起こした経験がないか、ということが調査されます。もしこれらの過去にトラブルがあった場合は、信用情報に履歴が記録されている(時間の経過とともに消去はされますが)ため、審査に大きなマイナスとして働くことになってしまいます。

 

延滞の記録は残さないようにしましょう

せっかくパートなどで年収の要件をクリアしていても、過去の延滞などがあれば、審査に通過することは難しいでしょう。信用情報が大切なのは、主婦の方に限ったことではありませんが、やはり延滞などは起こさないに越したことはありません。
ここで注意しておきたいのが、携帯電話の利用料金です。携帯電話本体の料金を月賦で支払っている場合には、これも借入に当たりますので、携帯電話の利用料金を払えなかった場合には自動的に延滞が発生してしまうのです。もちろん、うっかりミスなどですぐに気づいて支払うことができれば、そこまで大きな問題にはならないのですが、やはり普段から延滞は起こさないのだという強い気持ちをもって行動することが大切なのです。

キャッシング詳細


アイフルのおすすめポイント


キャッシング 実質年率 融資枠 無利息期間
アイフル 4.5%〜18.0% 500万円 なし

アイフル